虫歯治療|祖師谷大蔵駅の歯科・歯医者なら、たなか歯科

ご予約・お問い合わせはお気軽に

0334161182

【休診日】日曜日・祝日(木曜は要予約)

虫歯治療

虫歯のメカニズム

虫歯のメカニズム

虫歯(う蝕)は、ストレプトコッカス・ミュータンス菌によって引き起こされる歯の病気です。虫歯はほかの病気と違って、原因を取り除いても、自然に治ることはありません。虫歯は、進行度合いによって次のように分類されます。

虫歯の進行段階と治療法

C3、C4の段階になると、歯根の先の炎症を起こした部分に膿がたまります。ときには、この膿の中の細菌や毒素が血液などに感染し、血管をとおって全身に運ばれ、関節炎やリュウマチ性疾患、腎炎、心臓病、血液疾患、皮膚病などの病気を引き起こします。最悪の場合、敗血症を併発する事もあります。たかが虫歯1本と侮ってはいけません。虫歯になっても早めに適切な治療を受け、早期発見、早期治療を心がけてください。

C1

歯の一番外側のエナメル質が侵された状態(痛みなどの自覚症状はありません。歯の表面にツヤがなく、ときに薄い茶褐色になる)。

C1

治療法

詰め物

材料

保険材料:金属(銀合金)の詰め物
審美素材:樹脂の充填、ハイブリッド樹脂の充填、セラミックの詰め物

C2

虫歯が象牙質まで達し、穴があいている状態(冷たいもの、熱いもの、甘いもの、すっぱいものによって痛みを感じます。茶褐色や黒っぽくなっています)。

C2

治療法

被せ物

材料

保険材料:金属(銀合金)の詰め物
審美素材:樹脂貼り付け金属冠、ハイブリッド樹脂冠、セラミック焼付冠、オールセラミック冠

C3

歯髄(神経)まで侵され、大きな穴があいた状態(ズキズキと刺すような、特有の痛みがある)。

C3

治療法

神経処置後に被せ物

材料

保険材料:金属(銀合金)の詰め物
審美素材:樹脂貼り付け金属冠、ハイブリッド樹脂冠、セラミック焼付冠、オールセラミック冠

C4

歯肉から上の部分(歯冠)はほとんどなくなり、根(歯根)だけが残された状態(状態により、歯根の保存は可能ですが放置すると抜歯になります)。

C4

治療法

歯根の感染処置後に被せ物

材料

保険材料:金属(銀合金)の詰め物
審美素材:樹脂貼り付け金属冠、ハイブリッド樹脂冠、セラミック焼付冠、オールセラミック冠

たなか歯科の虫歯治療

C4の段階でも極力抜歯をしない方向で治療にあたっています。状況により治療方法は異なってきますが、まずは一度ご相談下さい。また、虫歯は自然に治る事はありません。今日より明日、明日より明後日の方が状況は悪化していると考えてください。 状況が悪化すると、治療は痛いものに変わっていきます。早めの処置をする事で患者さんの痛みや負担も少なく、確実な治療が可能になります。

虫歯治療Q&A

穴のあいた虫歯ができました。削らないと治りませんか?

歯に穴のあいた虫歯は、虫歯菌に侵されている部分を除去しないといけません。また、穴のあいた部分は自然には治らないので、きれいに成型して詰め物をするため削る必要があります。しかし、神経まで虫歯が達していなければ、痛みを極力抑えた治療をすることは可能です。

虫歯になったら神経を取らないといけないのですか?

虫歯の進行度合いによります。歯の神経はできる限り残した方が、歯のためにもいいのですが、虫歯が神経まで届いてしまっている場合は、神経を取ってしまった方がいい場合もあります。

奥歯に黒い線が入っています。虫歯でしょうか?

虫歯の初期段階では、痛みやしみるなどの自覚症状がない場合がよくあります。虫歯によって変色しているのか、歯に着色があるだけなのかは診断してみないとわかりませんが、気になることがある場合一度診断を受けた方がいいと思います。初期虫歯であれば、痛みも少なく治療ができると思います。

pagetop

pagetop